嵐山寮で活躍する先輩の声 vol.02(大澤 寛和)


大澤 寛和(おおざわ ひろかず)


龍谷大学 社会学部 地域福祉学科 卒業

2011年入職

介護職員 主務

嵐山寮特別養護老人ホームひろさわ 勤務



福祉、介護に興味を持ったきっかけ

自分の祖父母が大好きだからです。高校時代から福祉業で働くことを目標にしていましたが、専門2年の春に大好きだった祖父が亡くなり、介護や病院嫌いの祖父みたいな人でも安心して通所したいと思える介護サービスを提供できるようになりたいと強く思いました。

 

 嵐山寮を選んだ理由

幼い頃から祖父母に可愛がってもらい、何か祖父孝行したいと思っていた中、祖父が他界してしまいました。どんな人生を歩んできたのか、もっと話を聞けたはずなのに!と悔しかったことと自分に何かできることはないかと思ったのがきっかけです。

 

 

嵐山寮を選んで良かったと感じること 

京都でも有名な嵐山という観光地のど真ん中に位置しており「こんなところに介護施設があるなんて!」という驚きから興味を持ちました。職員同士の雰囲気も良いところも魅力に感じました。選んで良かったと感じる点は、ケアについて考え続けられるところ、チームでご利用者にどういう生活をしていってほしいか一緒に考えていけるところです。また個別ケアの中でも特に力を入れている個別外出支援において、ご利用者が入所後も行きたいと思った場所に行くことができる、希望を叶える事ができるところです。

 

やりがいを感じる瞬間(印象に残っているエピソード)

具体的な場面問わず、ご利用者から直接「ありがとう」と言って下さる感謝の一言やご利用者の笑顔です!人から感謝される瞬間や人の笑顔は喜びを大いに実感できますね。

   

今後の目標・チャレンジしたいこと

ご利用者の生活に携われること=その人の人生の一部に私が関われるということであって素晴らしいことだと思います。私自身の介護職としてのスキルアップすることで、より、その人がその人らしく生活できるようになると思っているので、今後も資格取得に励みたいと考えています。  

 

学生の皆さんにひと言!!

笑顔が絶えないご利用者を見ると、嫌な事を忘れて一緒に楽しい気持ちになります。 私達の提供する介護以上に、ご利用者からは沢山パワーを貰えます! はじめは慣れない環境に私も戸惑いました。学生の内に学べる事は沢山学んで、自分なりの気分転換の方法も見付けて、素敵な介護職員になって下さい!        


社会福祉法人 嵐山寮

 

法人本部

〒616-8374

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町17

 

TEL: 075-871-0032(代表)

E-mail: shoninsha@arashiyamaryo.or.jp

website: http://www.arashiyamaryo.or.jp